台湾の小籠包老舗の鼎泰豐はカードが使えずヒヤヒヤもんでした

カードの話ですが、デュエルのカードではないです。社会人になってから使用回数が増えるクレジットカードです。

今回、ゼミ強化合宿の最後に研究室全員で小籠包の老舗”鼎泰豊(本店)”に行きました。日本にも支店がありますが、せっかく台湾に来たので”本店”に行きました。大人気店で、行列ができ入れるか不安でしたが、当日は少し早めにすることで待たずに入ることができました。

——————

鼎泰豐・Din Tai Fung・ディンタイフォン
https://www.dintaifung.com.tw/jp/

——————

鼎泰豊(本店)とその隣にある本屋も有名なようです。

小籠包以外にも台湾らしい”汁なし麺”など様々な台湾料理を色々堪能することができます。一回程度で理解することが難しそうです。

台湾で小籠包を食べるなら 鼎泰豊がオススメ! 何を食べるべき?並ばず食べるには?

非常にきれいなお店で、サービスの質も高く、てっきりクレジットカードが使用できるかと思いきや使用不可能でした。電子システム工学科のメンバーも社会人になって、この店に来たらカードで支払いを済ませようと考えると思いますので気をつけてください。

 

台湾の小籠包老舗の鼎泰豐はカードが使えずヒヤヒヤもんでした” に対して2件のコメントがあります。

  1. クレイジーダイヤモンドOB より:

    国内では外国人観光客におけるクレジットカード事情も然りですね。

    テレビに出るような老舗の飲食店に入ると1/3の純情な(←古いですか?)確率でクレジットカードが使えません。

    私は知らない場所で財布を落とすと嫌なので基本的に財布には2000円程入れて、あとはカードで支払っています。

    田舎になればなるほどATM設置頻度も少なくなりますからクレジットカードが必要だとは思いますが、田舎になればなるほどキャッシュオンリーが多いです。

    北海道の地震の際キャッシュレスな人達が電子決済できず難民になったと面白おかしく報道されていましたが、そもそもお金って何だっけ?から考えられた人ならばさほど困らなかったと思います。

    大企業は知りませんが自営業者が未だにfreeeなどの自動税計算アプリを使わず高いお金を払って税理士や会計士を雇うのにもそう言った時代遅れな背景があるのかもしれませんね。

    1. tdu-optmaterlab より:

      しばらく鳴りを潜めていらっしゃったので心配しておりました。
      相変わらずの元気そうな意見で安心しております。
      ”安心”、”安全”の考え方が人によって異なってくるいい例です。

      懐かしいSIAM SHADEですが、きっと我々の世代にしか通用しない話題なので、後輩に話すときには注意してください。オールドタイプと思われるでしょう!

      今、会議でさいたまの大宮におります。
      ちょうど会場の外で、我々のドイツを彷彿させるイベントが開催されるそうです。
      https://japan-attractions.jp/ja/alcohol/saitama-oktoberfest/
      ご一緒できればと思っていたので残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)