士林夜市でも体験できる牡蠣のオムレツなどは台湾のソウルフードです

せっかくなので、電子システム工学科の台湾の良質な”教科書”となっている”はなちゃんねる”からスタートしましょう。夜型の台湾では超有名な”夜市”です。なかでも”士林夜市”が日本人にも有名だそうです。

行き方としては、台北メインステーションから地下鉄で30分程度で到着します。

もちろん、夜に行きました。一発でわかりましたYo!!

夜9時頃に行きましたが、結構混んでいました。

中でも、夜市内で人気の顔より大きい揚げたてジューシー鳥唐揚げが食べられる”豪大大鶏排”は非常に混んでおりました。

でかいです。。。明日に響く恐れがありました。。。若い電子システム工学科のメンバーが食したら次の日はニキビが顔中にできてしまうのではないでしょうか!

しかしながら、今回、屋台の食べ物、、、宝くじとは異なり、当たりたくないので食べたくはなかったのですが、一つだけ食べたかったのが台湾ソウルフードの”蚵仔煎(おーあーじぇん/牡蠣入りオムレツ)”です。

いやいや、、、いっちゃいました~~

様々な台湾ソウルフードがある士林夜市ですが、もちろん”はなちゃんねる”以外にも他のブログで多く特集されてもおります。

【台湾旅行】士林夜市の屋台で絶対食べて欲しいB級グルメ四天王

最後に、士林夜市から帰ってくる際に地下鉄で飲食しないように注意してください。罰金対象です。気をつけてください。日本人がペットボトルを電車内で飲むことがあるかもしれませんが、それは台湾では禁止されております!!

”郷に入っては郷に従え”ということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)