サマーサイエンスフェスタで使用した太陽拳のようなシースルーLEDディスプレイ

東急百貨店本店で行ったサマーサイエンスフェスタです。

外観には10m級の垂れ幕、婦人服エリア3Fのイベントサロン貸し切り、と至れり尽くせりの待遇を受けております。加えて、それ以外にも店舗入口付近のスペースも使用可能ということでさらに配慮してもらえました。

それにしても、あの”プレミアムガーデン”と同等の扱いを受けるとは、非常に光栄に思います。今回のイベントがいかにプレミアムサマーサイエンスフェスタ”であることが伝わるのではないかと思います。

百貨店入口周辺スペースには電子システム工学科のデジタルサイネージ研究者の一人として、外光の影響を受けずに視認することが可能なシースルーLEDディスプレイを採用することにしました。

動画もありますので是非御覧ください。

こちらの製品ですが、東京電機大学内にある会社の方からレンタルしております。動画編集ソフトで簡単に自分で表示を作成することができます。今回は、夏の雰囲気がでるように水のイメージとテキストを絶妙にコラボさせました。

偏光板を使用する液晶ディスプレイを屋外で使用する際、強烈な太陽光に紛れて、画面がうまく見えなくなります。かなりバックライトを明るくしないといけません。

しかしながら、LEDディスプレイでは強烈な発光をするLEDで打ち消しやすいため、屋外でも見やすくなるのが特徴としてあります。また、シースルーなのでうまく消灯時は遮光せずに内部も確認でき、インテリアなどでも注目されます。街中にある大画面のデジタルサイネージではよく使用されております。

最近ではマイクロLEDディスプレイが有名です。

屋外でも使えるというのはやはり大きなメリットであるので、今回の入口での展示は効果的であったと言えます。ただし、今回は外観を損なわないように15%の輝度で行っております。100%では眩しすぎます。輝度の調整も難しいのが特徴的なLEDディスプレイです。100%になったらまさに太陽拳です!常に太陽拳をくらう入口なんて、、、迷惑以外何者でもありません。。。

https://www.kujoyugo.com/entry/2018/01/13/190300

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)