月刊MATERIALSTAGEの出版

度々恐縮ですが、原稿を作成した雑誌”月刊MATERIALSTAGE”が出版されました。

—————
2022年6月号目次 MATERIALSTAGE
特集2 バイオマスプラスチックの開発と応用
バイオプラスチックの高次構造制御とガスバリア性
https://www.gijutu.co.jp/doc/magazine/m_2022_06.htm
—————

技術者や研究者向けの専門誌を出版する技術情報協会です。

今度の原稿は、近年騒がれているプラスチックの環境問題の中で、”生分解性プラスチック”に焦点を当てたものです。生分解性をもてば、耐久性も変わってきますので、様々な制御方法でその特性などがどう変わるのかについて解説しました。

そして、今回の生分解性プラスチックの話ですが、より詳細にまとめた書籍も8月に出版されます。SDGs、カーボンニュートラルなど低炭素への取り組みは、避けては通れない問題であり、そういった問題をプラスチックの面から考える際の参考になる書籍です。

このような依頼原稿作成も地道に対応していきながら、次回担当する包装学会の雑誌編集では電子システム工学科の卒業生に原稿作成もお願いしている所です。原稿料を支払いながら、現在の仕事に自信をもってもらいたいと考えております。

—————
日本包装学会誌
http://www.spstj.jp/publication/magazin/index.html
—————

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)