電子システム工学科のわたし、も定時で帰ります。

最近、仲のいいせんせいとトレンディードラマの話をします!これには少し新入社員の頃を思い出すこともありました。

https://www.youtube.com/watch?v=-2p7zVm0DkM

ちなみにいい感じの上司を演じている向井理さんは同じ明治大学出身者です。

ドラマでは18:10のハッピーアワーを目指して定時で帰るために頑張っています。私も少し早めにきてでも18時を死守して、残業はしないように最近こころがけております。朝にさっくと片付けられるものを行い、その勢いで本業も片付け、もらったものをエンジョイすることもありました。ありがとうございます。

 

そして、もちろん余った時間を色々なことのために当てております。

わたし、定時で帰ります ~ 経営者にお勧めしたい本

この記事も読むとハッピーアワーの話以外にも上司などの立場の人は見た方がいいかもしれない重要なドラマなんだと理解しました。ハッピーアワーが重要なポイントではないです。そこに気を取られてしまい恥ずかしい思いをしました。勝算がないのに竹槍で突っ込むプロジェクトなんて悲惨ですからね、、、つきあわされる下のメンバーは、、

ちなみに当研究室は泊まりは禁止です。そして、学部生の机含めて共用です。そうすることで身の回りにものを置きすぎることもなくなり、きれいに使ってもらうようにしております。私も含めて研究室は大学からの借り物ですので、次の人に引き渡せるように気をつけております。

それにしても、この定時スキルは非常に奥が深いです。これを維持するには実力、協調性、チームの状況把握(瞬時の情報の共有化)、取引相手の状況把握、、、などが必要になってきてビジネススキルの集大成になっております。まわりに面倒だけ押し付けて自分だけ定時に帰るというのは意味が違います。今後、この奥が深い”定時道”を極められるようになりたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)