平成最後の卒業式、女子学生にとっては戦いでした

入学式のあとの記事ですが、先日行われた卒業式の話です。2018年度の卒業式の話となります。

入学式同様武道館で行われております。

まだまだ、周囲と打ち解けておらず、緊張しっぱなしのテーブルマナーを経験した新入生ですが、4年もして卒業することになると、かなり図々しく打ち解けており、もう教員ですらただの下っ端カメラマンのように扱えるようになっていきます!しかしながら、朝一で起きているからこそ、空いている場所で記念写真が撮り放題となるわけです。戦略的です。

そんな女子学生にとっても、この卒業式は朝5時には準備を始めております。それは一つの大きな戦いがはじまる、そんな日になっております。

これはこれは、、、攻撃力255な爪でございます。ドラゴンクエストでもあるように二進数の世界で8桁で表される数の上限になっているこの255という数値はつまり”最強”ということになります。

女子学生にとっては朝から前髪の角度も含めて準備をはじめ、武道館に移動し、北千住で卒業証書をもらい、記念写真を撮りながら、クロスチェンジをして卒業パーティー会場に移動と、分刻みのスケジュールをこなしていく大変な日になります。

ご卒業おめでとうございます。今はちょうど研修まっただなかだと思いますが、入学式のときの緊張感を思い出し、真剣に頑張ってください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)