活動内容概要

当研究室では様々な光機能材料を用いた光学デバイスに関する研究と、グロー放電プラズマに関する研究、およびコンピュータシステムとして地理情報システムを使った地理空間データ解析を行っております。また、小学生など対象としたものづくり体験教室にも取り組んでおります。

研究室概要

近年、テレビやスマートフォンに代表される光学デバイスは、映像(情報)を届ける放送などにおいて重要な役割を担っています。このような背景でこれまで液晶、プラズマ、エレクトロルミネッセンス(EL)、エレクトロクロミック(EC)を利用した表示デバイスが開発されてきました。これらのデバイスには様々な光機能材料が使用されていますが、機能発現のメカニズムがよくわからないまま使用されているのが現状です。

当研究室では液晶、EL、EC、太陽電池などに関する光学デバイスを作製し、あわせて使用した光機能材料の機能発現メカニズムを解明する測定器の電子回路設計、およびデバイスの駆動回路設計も行っております。

加えて、デバイスの高機能化のためにグロー放電プラズマにも注目しております。現在、プラズマ加工技術は集積回路の微細加工、材料の表面処理(高機能化)など様々な用途で利用されています。高機能のデバイス設計にはプラズマの性質を理解し、応用できるようになることが必要不可欠となります。具体的には、新しいプラズマ生成装置を開発し、それをデバイスの高機能化、水処理分野、保存技術分野に応用する研究を行っております。時には電磁界解析もJMAG、CAD(SOLIDWORKS)を活用して行い、より最適なプロセスを検討しております。

最後に、このような電子工学で活用している複雑な現象を解析するコンピュータシステムは様々なビジネスデータ解析にも有効です。このようなデータ解析に関する研究をExcel、Python(Power BI、Orange、JMP地理情報システム:GIS)などの統計学や機械学習(AI)ツールを駆使して行っております。

以上、当研究室の研究テーマをまとめると以下の通りです。

  1. 光学デバイスに関する研究(液晶、EL、EC、空中結像デバイスなど)
  2. プラズマエレクトロニクスに関する研究(プラズマ装置の開発、プラズマの応用研究など)
  3. コンピュータシステムに関する研究(地理情報システム、電磁界シミュレータ、空中結像デバイス用アプリなど)

各テーマを個人で行いますが、デバイスプラズマで高機能化させ、コンピュータで解析するといった広範囲の研究もあります。

このように電子システム工学科として、物質の電子状態をコントロールするために、電子工学(回路、プログラム、ワークショップ、シミュレータ)物理学(プラズマ工学、電磁気学、量子物理学、光学)化学(電子・光材料を結びつけながら研究を行っております。

詳細は以下の”研究テーマ”のページも御覧ください。

研究テーマ

英語などの他言語のページも以下に作成しております。

English

Chinese

Korean