学術論文

T. Katahira, H. Kawana, M. Ohuchi, S. Sato, Novel plasma diagnostic measurement of electron temperature and electron density using tone burst wave, IEEE Trans. Plasma Sci., 49, 2133-2140 (2021)

S. Miyagi, T. Kusanagi, S. Sato, Effects of Polymer Gel Electrolyte on Photoelectric Properties and Driving Characteristics of Prussian-Blue-Based Electrochromic Cells in Automatic Driving Circuit, J. Photopolym. Sci. Tech., 32, 33-43 (2019)

S. Nodomi, S. Sato, M. Ohuchi, Electron temperature measurement by floating
probe method using AC voltage, Plasma Sci. Technol., 18, 1089 (2016)

学会発表(発表者のみ記載)

鷲巣恭一, ビオロゲン型ECデバイスの駆動安定性に電解液のゲル封止が与える影響, 日本包装学会第30回年次大会 (2021)

Takeshi Katahira, MEASUREMENT OF PLASMA PARAMETERS BY FLOATING PROBE METHOD USING TONE BURST SIGNAL, 2020 IEEE International Conference on Plasma Science (ICOPS 2020) (2020)

Yoshikazu Washizu, Photoelectric Properties and Driving Characteristics of Prussian-blue-based Polymer Gel Electrochromic Cells, 27th International Display Workshops (IDW ’20) (2020)

片平豪, フローティングパルスプローブ法による電子温度の測定, 第81回応用物理学会秋季学術講演会 (2020)

鷲巣恭一, 圧電トランスを用いた低コストのプラズマ装置が果物の保存性に与える影響, 日本包装学会第29回年次大会 (2020)

片平豪, トーンバーストフローティングプローブ法によるイオンフラックスとプラズマ密度の測定, 第80回応用物理学会秋季学術講演会 (2019)

片平豪, トーンバーストフローティング法による 電子温度の測定, 第79回応用物理学会秋季学術講演会 (2018)

納富聡士, フローティングプローブ法による電子温度の測定, 第62回応用物理学会春季学術講演会 (2015)

受賞など

 

教員について

東京電機大学教員情報ページresearchmapに掲載しております。